がん免疫細胞療法 完全予約制ふじみ野UHビルクリニック がん免疫細胞療法

ふじみ野UHビルクリニック 休診日・水・日曜日・祝祭日

ご予約・お問い合わせは 0120-788-553

がん免疫細胞療法とは

文字サイズ標準大

がん免疫細胞療法とは

まず標準的な癌治療(癌三大治療)を整理してみましょう。
外科的治療は、癌細胞を体から切り出す治療法。化学治療は、抗癌剤を用いて癌細胞の分裂を抑える、あるいは癌部位を小さくする治療法。
放射線治療は、ガンマ線やX線(放射線)を癌細胞に照射、増殖が抑える治療法。

国内ではこれらの治療が標準的に行われています。
がん免疫細胞療法は、人間本来が持つ免疫機能(治癒力)により癌細胞を殺す、免疫細胞を使った最先端の治療法。
その治療の中心になるのは患者さま自身が持つ免疫細胞です。
標準的ながん免疫細胞療法は、ご自身の体の中に存在している免疫細胞を採取(採血)、特殊な手法で免疫細胞を大量に培養・活性化したうえで、体の中へ免疫細胞を戻し、免疫力を大幅に向上させるというものです。
体の中には複数の免疫細胞が存在しています。それらは個別にさまざまな特性を持っているため、その特性を活かした免疫細胞療法が世界各国で開発されています。
当院では患者さまの癌種や進行度等に合わせ、3つのがん免疫細胞療法を提供しています。
NK細胞を使った無差別攻撃型の癌治療法「NK細胞療法」、リンパ球を使った全方位攻撃型の癌治療法「CAT療法」、樹状細胞を使ったピンポイント攻撃型の癌治療法「DC療法」です。

免疫とは

免疫とは私たちが本来持っている病気を免れる働きのことで、体の中に入ってきたバクテリアやウイルスなどの異物(非自己)を排除する役割を担っています。
例えば、体の中にウイルスが入ってくると、私たちは風邪などの病気に罹りますが、多くの場合は薬を飲んだり治療したりしなくとも数日で治ります。これは進入したウイルスを免疫の働きで体の中から取り除いているからなのです。つまり、免疫は「体に備わった病気を治す働き」ということもできます。

免疫担当細胞

免疫は複数の免疫担当細胞が関与し、これらが機能的かつ組織的に働くことで成り立っています。
免疫担当細胞は主に白血球と呼ばれる細胞に含まれ、以下の種類があります。

免疫担当細胞イラスト

これらの細胞は異物を食べて分解する(好中球、単球、樹状細胞)、抗体と呼ばれるタンパク質をつくり出して遠隔攻撃する(B細胞)、細胞の中に潜んでいる異物を細胞ごと殺傷する(NK細胞、NKT細胞)などの方法を用いて異物を排除しています。
また、T細胞の中にはヘルパーT細胞とキラーT細胞が含まれ、前者は免疫全体の司令塔の役割を担っており、後者はNK細胞やNKT細胞と同じような働きをしています。
ヘルパーT細胞は、胸腺を出て血流を循環し始めるときには抗原刺激を受けていない状態のナイーブT細胞として存在しています。その後、抗原刺激と特定のサイトカイン※の影響によりTh1、Th2、Th3、Th17、Tr-1、Tregなどのサブセットに分化。Th1は細胞性免疫、Th2は液性免疫に関与しており、Th17はIL-17の産生により、炎症反応の誘導にかかわっています。
また、Th3、Tr-1、TregはIL-10、TGF-βを産生することで免疫反応を抑制する働きを担っています。

※免疫担当細胞などから分泌されるタンパク質。受容体を持った特定の細胞に作用して、その細胞の増殖・分化や機能発現あるいは抑制を行っています。インターロイキン(IL)やインターフェロン(IFN)などがあります。

免疫機構の分類

免疫は主体となる細胞によって自然免疫と獲得免疫、あるいは液性免疫と細胞性免疫に分けることができます。 自然免疫の主体となる細胞はマクロファージ、樹状細胞、NK細胞などで、獲得免疫のそれはT細胞とB細胞です。また、自然免疫は非自己をパターンで認識するのに対し、獲得免疫では非自己を特定して認識します。例えば自然免疫はグラム陰性菌(大腸菌やチフス菌など)の外膜に共通して存在するリポポリサッカライド(LPS)を識別することでグラム陰性菌群を非自己として認識しますが、獲得免疫ではグラム陰性菌の中の大腸菌なのかチフス菌なのかを特定して認識するといった違いがあります。獲得免疫のように非自己を厳選して認識することを特異性が高いと言い、特異性が高い免疫応答は非自己を効率的かつ効果的に排除することが可能です。自然免疫と獲得免疫は抗原提示やサイトカインにより、お互いに連絡を取り合い連携して働くことで非自己の排除にあたっています。

液性免疫と細胞性免疫は、最終的に非自己を排除する主体が抗体なのか細胞なのかで分けられています。液性免疫は抗体が主体の免疫でTh2が司令塔として働き、Th2から産生されるIL-4によりB細胞の抗体産生が促され、血液中に放出される大量の抗体により非自己を排除。それに対し、細胞性免疫はTh1が司令塔として働き、Th1から産生されるIL-2、IFN-γによりNK細胞やCTLが増殖・活性化され、これらの活性化された細胞によって非自己を排除します。液性免疫は自己と遠い非自己(バクテリア等)の排除、細胞性免疫は自己と近い非自己(癌細胞等)の排除を主に担う免疫です。また、Th1とTh2はお互いに相手の働きを抑えることで上手くバランスを取っています。

抗腫瘍免疫

腫瘍とは細胞の設計図である遺伝子が何らかの理由で壊れてしまい、制御ができなくなった細胞の塊です。性質の違いから良性、悪性に分けられ、悪性のものはがんと呼ばれます。 腫瘍は遺伝子が壊れていることから、正常なタンパク質がつくれなかったり、正常の細胞とは異なったタンパク質(腫瘍抗原)をつくったりします。免疫担当細胞はそれらを目印として腫瘍を異物と認識して排除しているのです。

異常なたんぱく質を作っている場合

実際、ヒトの体の中では理論上一日に数千個の癌細胞がつくられているとされていますが、これらの癌細胞が病気としての癌にならないのは、免疫細胞による排除を受けていることが一因と考えられています。

正常なタンパク質を作らない場合

癌発症と免疫の関係

免疫は癌の発症を防ぐ働きを持っており、特定の病気の場合を除いてすべての人に備わっている機能です。それにもかかわらず、なぜ癌が発症するのでしょうか。
それは何らかの原因で、一時的にでも免疫の機能が抑制されるためと考えられています。日々体内でつくられている癌細胞は、正常な免疫系の監視下では根こそぎ排除されるものです。
しかし免疫の働きが弱くなっていると、癌細胞はこの監視機構をすり抜け、排除を逃れて体内に居座ることになります。この癌細胞が時間をかけて増殖して、いわゆる病気としての「癌」となるのです。

癌発症と免疫の関係イメージこの免疫を抑制する原因として挙げられるのが神経系、内分泌系の働きです。ヒトの体は一定の状態を保持しようとする性質があり、これを恒常性と言います。恒常性は免疫系、神経系、内分泌系の三者がトライアングルをつくり、それぞれがお互いに機能を亢進させたり、抑制したりすることで維持されています。
つまり、免疫系の働きは神経系や内分泌系の働き如何によって亢進したり、抑制されたりしてしまうのです。
このことは内分泌系から産生されるステロイドホルモンでアレルギー(免疫の過剰反応)を治療したり、癌の原因としてストレスが挙げられたりすることからもお分かりいただけるかと思います。

治療の流れ・治療料金

癌治療の流れやNK細胞療法、DC療法、CAT療法などの治療費のご案内です。

無料相談のご案内

お電話もしくはe-mailにてご相談の日時をご予約ください。
また、ご来院時には紹介状、CTなどの画像写真、各種検査結果を持参してください。
お問い合わせはこちら

治療開始までの流れ

治療開始までの流れ

治療料金

CTL療法は保険適応外診療のため、治療費は全額自費負担となります。

  費用
初回相談料 無料
初診料 10,800円(税込)
登録検査費 27,000円(税込)
NK細胞療法(1回) 270,000円(税込)
CAT療法(1回) 216,000円(税込)
DC療法(1回) 324,000円(税込)

※ 治療費には細胞加工・培養技術、手数料(採血、点滴)が含まれています。
※ 治療費は細胞培養のための採血を行った時点でお支払いいただきます。

がん免疫細胞療法無料カウンセリングをぜひご利用ください

当院では、診察とは別に患者様やご家族の方とのご相談やカウンセリングを行っています。
治療法の説明や疑問点にお答えしています。受診される前にぜひご利用ください。
予約制となっております。ご予約はフリーダイヤルへ。
フリーダイヤル0120-788-553(月~土・9:00-17:30)

がん免疫細胞療法の資料を無料でお配りしています。